手放す、掃除、片付け

こまめな洗濯槽クリーニングが吉

投稿日:

こんにちは、まろです。

本日は木曜日の祝日。

週の合間の祝日は、ご褒美の休息日としてとてもゆったりとした時間を過ごせます。

とても天気が良いので!?、掃除欲が触発され、洗濯槽の洗浄をすることにしました。

最近購入したシャボン玉せっけんの洗濯槽クリーナーと洗濯せっけん。

実は、洗濯せっけんを買いたくて通販サイトを物色していたら、こちらの洗濯槽クリーナーを見つけたので一緒に購入した次第です。

洗濯槽の洗浄は、洗濯機の取扱説明書を見ると月一回位が推奨されています。

私は昨年に、10年以上使っていた洗濯機を買い替えたのですが、洗濯機を買い換えた理由が、最後の方はいくら槽洗浄をしても、洗濯中に黒いモロモロが浮遊していたためです。。

昔は洗濯槽洗浄なんて1年に1回もしておらず、最後の方になってから黒いモロモロが浮遊し始めたので慌ててやり出したという感じでした。(汗)

しかし、時すでに遅し。。

長年蓄積してきたカビ、水垢、洗剤かすなどの黒いモロモロを取り切ることはできず、それらが洗濯物に付着するのが不衛生なので、新しいのに買い換えたということです。

新しい洗濯機に買い替えてからは、心機一転、蓄積する前にこまめに槽洗浄をするようになりました。

今はどの洗濯機にもあると思いますが、「槽洗浄コース」で掃除しています。

こまめに洗浄していると、特に黒いモロモロが出てくるわけではないので、今回使ったシャボン玉せっけんの威力・効果は分かりませんが、気分的にスッキリします。

掃除の醍醐味というのは、汚れが目に見えて取れるという爽快感にあると思いますが、それは初歩段階の思考と思っていて、

本来の掃除、少なくとも禅的掃除では、汚れが目に見える前に取り除く、チリが積もる前に取り除く、なんなら元々のモノより更に磨き上げる、という日々の掃除習慣(=修行)がベースにあるので、掃除をして、例えば雑巾に目に見える汚れがついたら、それはとても残念なことなのです。

という思考になりつつある今、

洗濯槽の洗浄中にフタを開けて眺めては、黒いモロモロが浮いていないことに喜びを感じている今日この頃です。

蓄積された汚れを取り除くというのは、時間も労力も浪費し、とても非効率なので、蓄積する前に取り除くという習慣をぜひ取り入れてみてください。

-手放す、掃除、片付け

執筆者:

関連記事

「洋服の制服化」ならぬ、毎日ご飯の「定食化」

こんにちは、まろです。 「洋服の制服化」は、ミニマリスト界隈では当たり前のことですが、 私のおすすめは毎日ご飯の「定食化」です。 毎日3回頂く食事、 メニューを考えるのに時間が取られることも多々あるの …

部屋の北東と南西の角を特にキレイにする理由

こんにちは、まろです。 みなさんは、風水や家相というものを信じるでしょうか? 私は信じています。 と言っても、神経質にどうこうというのではなく、良いと言われることは取り入れてみようという軽いスタンスで …

毎年1/17を迎えて見直したい3つのこと

1/17は阪神淡路大震災が発生した日です。 震災の教訓から、このタイミングで見直したいことを3つご紹介します。 高い所に置いてあるモノを処分する家具を減らす 家具を固定する 拍子抜けするくらい基本中の …

【パーソナルカラー】アナリストへの道④ 洋服を手放す基準を学ぶ 手放せる洋服がまだあった。。

こんにちは、まろです。 パーソナルカラーアナリストに向けたスクーリング、4回目を受けてきました。 今回は、男性向けの概念を学びました。 男性向けの今回の講義は、まずビジネスシーン(スーツ中心)における …

【年賀状】に毎年葛藤。。。今年は一部友人に出すのを辞めることにした

こんにちは、まろです。 年末ですね〜。 皆さんは「年賀状」を書くでしょうか? スマホが普及した今、職場の若者に聞いてみたところ「年賀状なんて書かないよ〜」と軽く返ってきました。 正直、「うらやましい」 …