手放す、掃除、片付け 読むべき、見るべきコンテンツ

ガラクタ捨てれば自分がみえる ―カレンキングストン―

投稿日:2020年3月21日 更新日:

この本は、10年位前に、私がシンプルライフに目覚めたての頃に出会いました。

語られる概念が衝撃的で、今となっては私のバイブルです。

10年の間にもう何度も読み過ぎて、色褪せてます。

みなさんは、片付け本、整理本、片付けの特集記事が組まれた雑誌など、買って読んだことがあると思います。

そういった本の大半は、片付け方法とかモノの整理ノウハウといったハウツー本が多いのですが、この本は、もっと視点の高い根本的な概念が描かれているので、迷ったときに常に立ち返る場所、拠り所となります。

別格です。

ここから、本に書かれている一つの納得概念をご紹介すると。。(以下本文より一部引用)

ちょっと足し算をしてみましょう。

各部屋に行って、あなたがほとんど、あるいは全く使わないものが占めているスペースを計算してください。

このプロセスは正直に行わなければいけません。正直にやりたければ、あまり好きではないもの、昨年一度も使わなかったものを入れてください。

平均サイズの家ならば、大体次のようなものが出来るはずです。

1.玄関 5%

2.居間 10%

3.ダイニング10%

4.キッチン 30%

5.寝室1 40%

6.寝室2 25%

7.物置 100%

8.バスルーム 15%

9.倉庫 90%

10.屋根裏部屋 100%

11.庭の納屋 60%

12.車庫 80%

(※海外の本なので家の平均的なスタイルが日本とは異なりますね)

ガラクタの総量 565%

さて、部屋数でスペースの総量を割ってみると、

565%÷12箇所=平均一ヵ所約47%のガラクタが!

この例によると、家賃又はローンの 約47%が、「ガラクタ」保管のために払われているということ。(汗)

更には、家からモノが溢れて、トランクルームまで借りて使わないガラクタを保管している人も居る

との例示が

「確かに!」とすごく納得で、バカらしいなあと思いました。

このようなことにお金を使う必要が本当にあるでしょうか?

お金を使うのなら、ほかにもっと有効な使い方があるのではないですか?

とのこと。

はい、その通りでございます。

ガラクタを今すぐ捨てます!

と、掃除スイッチが入るのです。

片付けやモノの処分が進まない時に、この本を読み返すと、また新たなガラクタが見えてくるため、ガラクタ処分の背中を押しをしてくれる私の師匠になっています。

おすすめ本です。

-手放す、掃除、片付け, 読むべき、見るべきコンテンツ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「水切りかご」をようやく手放して落ち着いた今の形

こんにちは、まろです。 今日は、長い間私を苦しめてきた「水切りかご」の話です。 皆さんは、「水切りかご」使っているでしょうか。中には食洗機という方も居るでしょうね。 ミニマリストが持たないモノのテッパ …

40代になって解放されたこと

こんにちは、まろです。 私は40代になって、本当に良かったと思うことがあります。 それは、「子供を産める可能性」から解放されたことです。 私は現在、独身、子供なし、一人暮らしです。 私は若い頃、あまり …

窓の【結露】も運気アップに変える

こんにちは、まろです。 10月に入り、朝晩が一気に寒くなりました。 そんなこんなで、最近朝カーテンを開けると、窓やベランダのドアに「結露」が付くようになりました。 私のマンションは非常に機密性が高いの …

「こころの時代」がつなぐ素晴らしい出会い

こんにちは、まろです。 この土曜と日曜に、以前ご紹介したNHK Eテレ「こころの時代」のテーマソングを提供されているウォンウィンツァン氏のオンラインホームコンサートがYouTube同時配信で開催されて …

「あって当たり前」のモノを手放してみる

こんにちは、まろです。 また、「あって当たり前」と思っていたモノを手放す機会に恵まれました。 それは、キッチンにある泡タイプの手洗いせっけんです。 ↓写真の左側が泡タイプの手洗いせっけん。右側は食器用 …