手放す、掃除、片付け 読むべき、見るべきコンテンツ

ガラクタ捨てれば自分がみえる ―カレンキングストン―

投稿日:2020年3月21日 更新日:

この本は、10年位前に、私がシンプルライフに目覚めたての頃に出会いました。

語られる概念が衝撃的で、今となっては私のバイブルです。

10年の間にもう何度も読み過ぎて、色褪せてます。

みなさんは、片付け本、整理本、片付けの特集記事が組まれた雑誌など、買って読んだことがあると思います。

そういった本の大半は、片付け方法とかモノの整理ノウハウといったハウツー本が多いのですが、この本は、もっと視点の高い根本的な概念が描かれているので、迷ったときに常に立ち返る場所、拠り所となります。

別格です。

ここから、本に書かれている一つの納得概念をご紹介すると。。(以下本文より一部引用)

ちょっと足し算をしてみましょう。

各部屋に行って、あなたがほとんど、あるいは全く使わないものが占めているスペースを計算してください。

このプロセスは正直に行わなければいけません。正直にやりたければ、あまり好きではないもの、昨年一度も使わなかったものを入れてください。

平均サイズの家ならば、大体次のようなものが出来るはずです。

1.玄関 5%

2.居間 10%

3.ダイニング10%

4.キッチン 30%

5.寝室1 40%

6.寝室2 25%

7.物置 100%

8.バスルーム 15%

9.倉庫 90%

10.屋根裏部屋 100%

11.庭の納屋 60%

12.車庫 80%

(※海外の本なので家の平均的なスタイルが日本とは異なりますね)

ガラクタの総量 565%

さて、部屋数でスペースの総量を割ってみると、

565%÷12箇所=平均一ヵ所約47%のガラクタが!

この例によると、家賃又はローンの 約47%が、「ガラクタ」保管のために払われているということ。(汗)

更には、家からモノが溢れて、トランクルームまで借りて使わないガラクタを保管している人も居る

との例示が

「確かに!」とすごく納得で、バカらしいなあと思いました。

このようなことにお金を使う必要が本当にあるでしょうか?

お金を使うのなら、ほかにもっと有効な使い方があるのではないですか?

とのこと。

はい、その通りでございます。

ガラクタを今すぐ捨てます!

と、掃除スイッチが入るのです。

片付けやモノの処分が進まない時に、この本を読み返すと、また新たなガラクタが見えてくるため、ガラクタ処分の背中を押しをしてくれる私の師匠になっています。

おすすめ本です。

-手放す、掃除、片付け, 読むべき、見るべきコンテンツ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

掃除で心を整える

こんにちは、まろです。 4月から会社の上司が変わり、相手を見下すことで自己肯定感を得ようとするタイプの昭和のおじさんで、感情のコントロールもできず、すぐに声を荒げる人なので、ストレスフルな毎日を過ごし …

家中の【掃除用スポンジ】を”理想”のスポンジに統一

こんにちは、まろです。 家庭で使う掃除用のスポンジは、用途別に多種多様なモノが売られていますよね。 食器洗いスポンジ、鍋洗いスポンジ、お風呂洗いスポンジ など 私は以前、それぞれの用途に応じて、「それ …

運気アップのためプチ改善

こんにちは、まろです。 ここのところ、運気アップに良いと言われることは積極的に取り入れるようにしています。 最近仕入れた運気アップ情報として、「自分の家を居心地よくして愛情を持って接し、家を好きになる …

掃除・片付けの順番はJISで定義されていた【5S】

みなさんは普段何気なく「掃除しよう」とか「片付けなきゃ」とか思いませんか? その一言で語ってしまう「掃除」や「片付け」という単語はなんとなくやるべきことが色々含まれていてあいまいなのですが、 実は、会 …

バスルームは【銭湯スタイル】でスッキリ

こんにちは、まろです。 突然ですが、私の現在のバスルームです↓ バスルームには、イスと掃除グッズを基本浮かせる形で置いています。 私はミニマリストのように身体を洗う系の製品を一本の全身シャンプーにまで …