ミニマル思考 洋服を手放す

Tシャツを「1 in 1 out」

投稿日:

こんにちは、まろです。

ミニマリストの基本的思考「1 in 1 out」

「一つモノを取り入れたら一つ出す」という考え。

そうすればモノは増えないというものですね。

時には、「1 in 2 out」「 out、out、out・・・」というのもアリですね。

最近、半袖Tシャツを「1 in 1 out」しました。

数年前から持っていたTシャツがモヤモヤしていて、ちょうど良いものが見つかったので買い換えた次第です。

【out】左側の紺のVネック →【in】右側のホワイト&グレーボーダー

どちらも無印良品のものですが、

outした紺のVネックTシャツは、数年前に購入したもので、骨格診断やパーソナルカラー診断を受ける前に購入したものだったので、私の骨格やカラーには合わないものでした。

しかし、半袖Tシャツはこの1枚しか持っていなかったし、半袖Tシャツは室内でしか着ないので、「まぁいいか」とモヤモヤしながら着ていました。

何がモヤモヤしていたかというと、

色がまず私のパーソナルカラーに照らし合わせると老けて見える色(ほうれい線など顔下半分の影が強調される)でした。

鏡に映る自分の顔を見るたび「いまいち。。」と気分が盛り下がっていました。

また、サイズがMと大きかったこともあり、首元のV開きが私には大きくて、私の骨格「ウェーブ」の首回りの貧相さが強調されると共に、さらに前屈みになると胸元が見えるという不安感もありました。

室内でしか着ないとはいえ、例えば宅配業者の人への対応とか、少し気になっていました。

そんな中、別の目的で無印良品をウロウロしていたら、型落ち?の半袖Tシャツが値下がりしており、好みの色あいと自分のSサイズのを見つけたので「これだ」と思って即断即決したのです。

またもや私の好きな「ホワイト&グレー」のカラーリング。

(このカラーリングの話は過去の投稿をご覧ください → 「ホワイト×グレー」は普段使いにちょうど良い

首元も詰まっていて、サイズ感も身体に付かず離れずでちょうど良くて最高です。

ということで、無事Tシャツの買い替え「1 in 1 out」に成功しました。

お気に入りの洋服だけを着る喜び、お気に入りのものだけに囲まれて暮らす喜びを改めて実感しました。

毎日がかけがえのない大切な1日です。明日はどうなるかわかりません。

毎日、今ここに集中して、全力で生きる。

そう考えると、毎日気分が上がる洋服を身につけて、毎日機嫌よく過ごしたいものです。

-ミニマル思考, 洋服を手放す

執筆者:

関連記事

環境が整うと自分が整う

こんにちは、まろです。 先週の平日、欲望に任せて不摂生をしており(汗)、それに身体が見事に応えて便秘気味の1週間が続いていました。。。 因果応報。とても分かりやすい原因と結果。 どんな不摂生かというと …

天井照明を【裸電球】にダウンサイジングした結果

こんにちは、まろです。 以前私は、リビングの天井照明の非合理的なガラクタ感に気づいてしまい、シンプルなものに交換しました。  →その時の記事がこちら 不要なものに一度気付いてしまうと、それに連鎖して今 …

「生きている」のではなく「生かされている」を考える時、魚の「スイミー」を思い出す 

仏教系の読み物や、お坊さんの説法などで「私たちは生かされている」という言い回しを目にする/耳にすることがあると思います。 仏教媒体を通じて「生かされている」と言われると、なんか思想的、哲学的な感じがす …

スリムストレートデニムがいつの間にかボーイフレンドデニムに

こんにちは、まろです。 季節の変わり目、年度の変わり目は、 生活を見直したい欲滞っているモノ・コトを手放したい欲新しいことを始めたい欲 が抑えられず、 家の中をウロウロと物色して、また、いくつか手放す …

「まだまだモノはあるのに、手放す決断ができない…」と停滞している時に出逢った最強の言葉

こんにちは、まろです。 「いつか使うかも」のジレンマ。 執着を手放すのは生涯の修行ですね。 色々モノを手放し、ダウンサイジングし、かなりすっきりしてきましたが、有名なミニマリストさんたちの域にはなかな …