食事のあれこれ

毎日の定食に新規1品を追加

投稿日:

こんにちは、まろです。

私は1日2食の生活をしており、毎日メニューは固定で「定食化」しているのですが、この度、2食目のメニューに1品おかずを追加しました。

何を追加したかというと、それは「キムチ」です。

元々、「玄米、納豆、具沢山の味噌汁」というメニューだったのですが、そこにキムチを追加したのです。

なぜ、ここへ来てキムチを追加したかというと、

元々、発酵食品は身体に良いというのは知っており、味噌、醤油、漬物、キムチ、ヨーグルトなどを積極的に食べたいと思っていました。

味噌はお味噌汁で毎日食べているし、ヨーグルトは小腹空いた時の間食アイテムとして取り入れているので、他の発酵食品は「まぁいいか」と思っていました。

しかし最近、改めて「にんにく」も摂取した方が良いという情報を仕入れたのです。

にんにくには、血液をサラサラにし動脈を拡大させて血液の流れをスムーズにする、血圧をダウンさせる、疲労回復、滋養強壮、脂肪肝軽減などといった効能があるとのこと。

しかし、私の定食メニューににんにくを追加する方法が思いつかず、どうしようかと考えていました。

にんにくを使うメニューと言えば、パスタとか炒め物をイメージするのですが、私はフライパンを手放したので、それらを作ることはできないし、できるだけフライパンを使う料理は避けたいので(前の投稿ご参考→フライパンを捨てた。おいしそうな焼き色が老化の原因)「お味噌汁に入れるか?」「●●にんにくといった丸ごと食べるにんにく商品を取り入れるか?」・・・と考えていた時に、「キムチ」を思いついたのです。

キムチだと、にんにくも摂取でき、かつ発酵食品というダブルの効能で「これしかない!」と思いました。

早速いくつかのスーパーをはしごして、できるだけ食品添加物が少ない手作りのキムチを探し、見つけました。

食品添加物として「調味料(アミノ酸等)」という添加物は入っているのですが、他のキムチには、例えばカラメル色素、酸味料、増粘多糖類、たんぱく加水分解物。。。などの食品添加物が多く含まれていたので、一番マシということでこちらの商品を選びました。

探せばあるものです。

キムチを取り入れると塩分摂取量が増えるので、納豆のタレを半分の量にして、納豆キムチとして食べることにしました。

これが当たりでした! 美味しい!

いつもの定食がパワーアップし、健康維持できること間違いなしです。

独身で子供もいない私は、老後もできるだけ他人に頼らず、一人で生活していきたいと思うので、健康が一番重要と考えています。

そのためにも、最新の科学研究情報を柔軟に取り入れて、生活をアップデートしていきたいと思います。

-食事のあれこれ

執筆者:

関連記事

危険な食品添加物【乳化剤】、乳化剤なしのクリームチーズがおいしすぎた!

こんにちは、まろです。 みんな大好き食品添加物。 食品添加物の真実を知って、自宅から食品添加物入りの食品を一掃して早2ヶ月が経ちました。 過去の投稿→【食品添加物】の闇を知り、食生活を見直し中 加工食 …

白いパンから茶色いパンへの移行

こんにちは、まろです。 最近、健康に対する情報収集を積極的に行っているのですが、 各種研究結果を元に語られる本の中で共通的に語られているのが、 「精製された穀物(白米、小麦粉など)は必要な栄養素が取り …

野菜サラダで美肌

こんにちは、まろです。 私は毎朝山盛りサラダを食べています。 1食の内容は、 レタスの葉2枚、サニーレタスの葉2枚、玉ねぎスライス1/4個分、ケールスプラウト一握り、トマト1個、手作りドレッシング(り …

変わらぬ日常が幸せ

こんにちは、まろです。 ようやく体調が回復し、いつもの日常の幸せを噛み締めております。 変わり映えしない毎日ですが、今は冬季オリンピックが楽しくて、時間が合えばテレビで鑑賞しています。 本日の食事。 …

カレーの鍋をストレスなく洗えるようにしていること

こんにちは、まろです。 食欲の秋なのか、数年ぶりにカレーを作りたくなり、1週間前に作りました。 この数年間は、カレーを食べたくなったら無印良品のレトルトカレー「小さめ 辛くない国産りんごと野菜のカレー …