手放す、掃除、片付け

10年目にしてお風呂掃除をプロに頼んでみたら。。

投稿日:

こんにちは、まろです。

昨日、初めてプロのお掃除屋さんにお風呂掃除をしていただきました。

10年前に現在の部屋に引越ししてきてから初めてです。

なぜ頼もうかと思ったかというと、

先日お風呂の排水溝の網を、髪の毛がくるくるとまとまるものに替えたのですが、その時に、前面エプロンの奥の湯船の下の死角となっていた床がすごいことになっているのを目にしてしまったからです。。。

多くは語りませんが、黒カビ、ピンクカビ、ぬめり系です。

普通にシャワーとかしていると見えない角度なのですが、かがんでのぞき込むと、見えてしまったのです。

実は、湯船前面を覆っているエプロン内も以前から気にはなっていたのですが、10年開かずのエプロンを自分で開ける勇気がなく。。。

気にはなりながらも、見て見ぬ振りをしてきました。

しかし、この半年、仕事で部長からのストレスを受ける日々を過ごし、運気を上げるための徹底した掃除や週末リフレッシュでなんとかやり過ごしてきましたが、一向に改善の光が見えないため、運気を下げている部分を徹底的に取り除こうと、今回は思い切ってお風呂掃除をプロに頼むことにしたのです。

見えている部分は毎日掃除しているので比較的きれいなのですが、見えていない部分のエプロン内や換気扇を中心にお願いしました。

初めにビフォーを一緒に確認し、アフターも一緒に確認するというスタイルで、10年間閉ざされたエプロン内を初めてみました。。

・・・想像通りのありさまで、こんな汚れがエプロンの裏に隠れていて、そんなお風呂に毎日入って、お風呂内の空気を吸っていたかと思うと寒気がしました。

業者さんはとても丁寧、親切で、みっちり2時間かけてお風呂を掃除してくださり、ピカピカになりました。

目に見えている部分も実は汚れていたようで、アフターは本当に白く輝く感じで、感動的な美しさでした。

あんな狭い閉ざされた空間で、他人が付けた汚れを掃除するなんて、重労働でとても大変な仕事だと思います。

でも、素人では手のつけられない部分を掃除してくださるので、とても助かるし、感謝しかないです。

プロ目線の最適なケア方法も教えていただきました。

  • お風呂に入った後、浴室が温まっているうちに掃除する
  • お風呂が面する壁の隙間やエプロン上部の隙間からもお湯を流し、できるだけ見えない部分にも石鹸カスや汚れが残らないように気を付ける
  • 汚れを洗い流した後、最後に冷水を浴室にまんべんなくかけて、浴室の温度を下げる
  • スクイージーで水気を取り、できるだけ水分を残さないようにする
  • よく乾燥させる

料金としては、通常のお風呂掃除で15,000円、今回はエプロン内の高圧洗浄に加えて、換気扇の分解洗浄をオプションで付けたので、2時間強で22,500円でした。

これで運気が確実に上がると思えば、とても効果的な投資です。

特に水回りは運気に大きく作用するので、今回最大の水回りをピカピカにして頂いたので、確実に運気が上がると信じています。

プロに頼んで本当に良かったです。

年末になると大掃除シーズンで希望日の予約が取りにくくなるので、この時期から依頼するのがポイントと思いました。

みなさんも、プロのお掃除屋さんに頼んで汚れをリセットし、運気アップしてみてはいかがでしょうか。

-手放す、掃除、片付け

執筆者:

関連記事

気づきたくても気づかない風景と化していたガラクタの一つに気づいた話

こんにちは、まろです。 生活をシンプル、ミニマルに移行していくと、今まで風景と化していて気にも留めなかったモノが、ある日突然うるさく感じ、ガラクタにしか見えなくなる瞬間があります。 そんなわけで最近気 …

「洋服の制服化」ならぬ、毎日ご飯の「定食化」

こんにちは、まろです。 「洋服の制服化」は、ミニマリスト界隈では当たり前のことですが、 私のおすすめは毎日ご飯の「定食化」です。 毎日3回頂く食事、 メニューを考えるのに時間が取られることも多々あるの …

写真を撮って客観的に眺めると、改めて不要なモノが見えてくる

こんにちは、まろです。 前回、今持っているアクセサリーをご紹介しました。 (→禅シンプルライフでもキラキラアクセサリーは必須) 厳選して今この量に落ち着いており、この器に入れるようにしてからは、あまり …

そういえば、買っていないもの

こんにちは、まろです。 ふと、「そういえば、最近買っていないな」と気づいたものがありました。 それは「雑誌」です。 自覚の上やめたものは、買っていないものとしてすぐに思い浮かぶのですが、自覚なく気づい …

「まだクローゼットは一杯なのに、これ以上減らす洋服が見つからない。。」と行き詰まっていた時に出会った人生が変わる判断基準 

私は以前、クローゼットから洋服があふれ、外に帆布製カバーのハンガーラックを追加で2本も設置している状態でした。 そこから、禅思考のシンプルライフに目覚め、ミニマリストを目標に洋服を徐々に減らし、外に設 …