ミニマル思考 手放す、掃除、片付け

写真を撮って客観的に眺めると、改めて不要なモノが見えてくる

投稿日:

こんにちは、まろです。

前回、今持っているアクセサリーをご紹介しました。

(→禅シンプルライフでもキラキラアクセサリーは必須

厳選して今この量に落ち着いており、この器に入れるようにしてからは、あまり見直しをしてこなかったのですが、

今回ブログにアップするために写真を撮って、改めて眺めて見ると。。。

なんとなく気づいていたけれども気づかない振りをしていた執着が、写真を通して自分に問いかけてきているように思えて、これを機にピアスを一つ手放すこととしました。

それがこちらのピアスです↓

このピアスは、私がピアスの穴を開けてから初めて買った思い出のピアスで、ポスト部分が金属アレルギーを起こしにくいチタンでできており、かつ軸も太めで先が丸くなっており、ピアスの穴に優しい仕様になっています。

コロンと丸くて可愛く、シンプルで気に入っていたのですが、、、

実は私のパーソナルカラー「サマー」には、イエローゴールドは似合わないのです。

イエローゴールドといった黄色寄りのモノを顔まわりに持ってくると、顔色が黄色くくすんで見えるのです。

反対にシルバー系の色合いを持ってくると、肌に透明感が出てきれいに見えるのです。

パーソナルカラーとそれぞれが得意/不得意とする色味を学んだ時点で分かっていたのですが、「これは小さいし、まっいいか」と見て見ぬ振りをしていました。

これは、過去への執着に他なりません。ピアスを開けたあの頃の自分への執着。

このピアスは似合わないのが分かってしまっているので、最近はなんとなく付ける機会も減っており、この器からピアスを選ぶ時に、潜在的にモヤモヤしていたのは事実です。

真価が問われる手放し判断

ここが正に、少ないもので余計な判断やモヤモヤもなくスッキリ暮らせるようになるかどうかの真価が問われる分岐点なのですが、

その執着から決別して、手放す背中を後押ししてくれる強力な判断基準

「もったいないを取るか、運気を取るか」

という概念を発動し、手放す(リサイクルショップに売る)こととしました。

(→「まだまだモノはあるのに、手放す決断ができない…」と停滞している時に出逢った最強の言葉

いやぁ、この言葉は本当に最強です。

未練はありますが、未来を向いて生きていくですね。

ちなみに、ピアスのフックやポスト部分がゴールドのものは目立たないので、そのまま楽しんでいきたいと思っています。

写真を通して見えてくること

今回のケースのように、いつもの景色を写真を通して眺めて見ると、第三者視点で客観的に見えてくることがあると思います。

風景と化していたこと。当たり前になっていて疑問にさえ思わなかったこと。

写真を撮っておくとビフォーアフターの変化で達成感を得られるという効果もありますので、一度、部屋中の写真を撮って眺めてみるということをやってみるのも良いかもしれません。

なお、今回この執着が手放せたのは、このブログを見てくださる皆さんがいるからこそのきっかけと成果と思っており、皆さんに感謝します。ありがとうございます。

-ミニマル思考, 手放す、掃除、片付け
-

執筆者:

関連記事

ウィルスは大先輩

こんにちは、まろです。 今回は、少し前にNHK Eテレ「こころの時代」で放送されていたウィルス学者さんへのインタビューのお話をご紹介します。 この学者さんのお話がとても興味深くて面白く、今世間でざわつ …

そういえば、買っていないもの

こんにちは、まろです。 ふと、「そういえば、最近買っていないな」と気づいたものがありました。 それは「雑誌」です。 自覚の上やめたものは、買っていないものとしてすぐに思い浮かぶのですが、自覚なく気づい …

天井照明を【裸電球】にダウンサイジングした結果

こんにちは、まろです。 以前私は、リビングの天井照明の非合理的なガラクタ感に気づいてしまい、シンプルなものに交換しました。  →その時の記事がこちら 不要なものに一度気付いてしまうと、それに連鎖して今 …

【掃除スイッチ】隅っこ掃除のすすめ

私はたまに変なことを思いつきます。 ある日「隅っこを掃除しよう」と思いつきました。 例えば ●台所のシンクやコンロ下の床の両端 (ここは調味料や食材の粉末などが、足さばきの風に乗って隅に追いやられてた …

1月17日の大震災を思う

こんにちは、まろです。 先週の1月17日は阪神淡路大震災の日であり、メディアの映像と共に大地震の記憶を呼び起こし、改めてモノが少ないことの安全性を再認識した日となりました。 私は神戸生まれでして、大学 …