愛用品

免疫力を上げるため、体幹を温めるグッズをアップデート

投稿日:

こんにちは、まろです。

「寒いと風邪をひく」

これは、私の経験からの事実であり、周囲でも見聞きする一般的な考えと思います。

今まで40数年、この事実を特に深堀りすることもなく、ただ「寒いから風邪を引いた」とか言っていたのですが、最近、この事実の理由に論理的に腹落ちし、今後の健康に対する対処のベースとなる考えを得ることができました。

小難しいことを言いましたが、大したことではないです。

色んな本にも書かれていることで、私も文章として知っていたことではありましたが、今更ながらに「そういうことだったのか!」と発見に近い納得感を得ることができただけです。

「寒いから風邪を引く」理由は、

寒いと体温が下がり、免疫細胞の働きが鈍くなるからです。

空気中にはいつでもウイルスが漂っています。

今呼吸しているその空気中にもウイルスがいることでしょう。

しかし、通常はそのウイルスが体内に入ったとしても、すぐに免疫細胞がウイルスをやっつけてくれるので、体調を崩すには至らないのです。

しかし、身体が寒い環境下にさらされて体温が下がってしまうと、免疫細胞の働きが鈍くなり、ウイルスの増殖スピードの方が勝ってしまって、風邪を引いてしまう=つまりウイルス優勢になってしまうのです。

そうなってしまうと、身体は緊急事態ということで体温を上げて=つまり熱を出して、免疫細胞を活性化させ、ウイルスに一斉攻撃を仕掛けるということなのです。

風邪を引いて熱が出るのは、まさにウイルスと闘っているその症状なのです。

なので、熱が出たからといって解熱剤という西洋の対処療法で熱を無理矢理下げてしまうのは本末転倒で、熱という症状はおさまったとしても、体内のウイルスはやっつけられていないのです。

ということで、「体温を高く保つ」というのは健康の要であるということ、免疫細胞たちに元気よく働いてもらうためには「身体を冷やしてはいけない」ということに私はとても納得し、腹落ちしたのです。

この納得感、今更ながらの目からウロコ感は、私のこれからの健康意識に大きな影響を与えること間違いなしです。

健康のためには、食事、睡眠ももちろん重要なのですが、これからは「体温を高く保つ、冷やさない」ということも一つの指針として、対処していきたいと思っています。

そういう訳で、

体幹を温めるグッズを今一度見直し、アップデートしました。

一つは定番の腹巻きです。

今までは何気なくユニクロの化学繊維モノを使っていましたが、今回モンベルのメリノウールのモノに変えました。

↓左がユニクロ 右がモンベル

ユニクロが悪いという訳ではなく、モンベルの方が薄くて機能的と判断したからです。

私は、通年シャツを愛用していますが、シャツの下にも着られて目立ち難く、かつ暖かいという製品の方が私には合っているのです。

モンベルのウエストウォーマー→https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1107568&top_sk=ウエストウォーマー

ウールは天然のエアコンと呼ばれるほど体温調節に上手く適応してくれ、防臭効果もあり、アウトドアには最適な素材でもあります。

アウトドア製品はお値段は張るのですが、その研究開発費に見合うだけの機能性と軽量性を私は支持しております。

そして、

もう一つの体幹を温めるグッズは、カイロベルトです。

こちらはアップデートではなく、今回新しく購入しました。

通販で色が選べず、残念な黄色なのですが、、、

チャック付きの袋にカイロを入れて、ゴム紐を調節してウエスト等に巻けるような仕様の製品です。

薄手なので、こちらもシャツの下に着けられます。

こういうものを導入しなくても、ちまたには「貼るカイロ」が出回っていますが、私は「貼るカイロ」が好きではないのです。

なぜかというと、貼ったカイロを剥がす時に、貼った面のキャミソール等の下着が毛羽立ち、生地が傷むからです。

昔、初めて貼るカイロを試した夜、カイロを剥がす時に「これはないな」と思いました。

カイロを体幹にキープする製品として、ポケット付きの腹巻きというのも候補として探しましたが、生地や色などのバリエーションがイマイチでした。

そして見つけたこちらのカイロベルト。

色は結果的にイマイチですが、1000円以下と値段も安く、薄くて軽量なので、今のところ良い買い物ではないかと思っています。

こうやって見ると、なんだか年齢を感じさせる製品ばかりですが(苦笑)、一応目立たないものを厳選して、健康のための前向きな導入として、この冬を乗り切ろうと思います。

でも、シャツの下にこれらを着けると、外見は普通のシャツスタイルを維持しつつも、あまりに暖かくて気分が上がり、幸せになります。

年齢を受け入れて、年齢に合うモノを選んで取り入れていく。

年齢に抵抗して強がっても良いことなど一つもありません。

あるがままを受け入れていくのが、幸せな日常生活を送る秘訣と思います。

みなさんも体幹を温めて、健康を維持しましょう!

-愛用品

執筆者:

関連記事

【愛用品】一日の終わりに最高の幸せを運んでくれるモノ その1

こんにちは、まろです。 一日の終わりに最高の幸せを運んでくれるモノ それは、寒い季節に欠かせない布団乾燥機です。 みなさんの冬の寝具事情はどんな感じでしょうか? 羽毛布団、ボアシーツ、毛布、電気毛布、 …

麻のシーツで年中過ごす

こんにちは、まろです。 皆さんはどのようなシーツをお使いでしょうか。 季節ごとにシーツを変えている方も多いのではと思います。 私も昔は、春秋用に綿のシーツ、夏用に化学繊維のクール系のシーツ、冬用にボア …

シャボン玉せっけんの「泡タイプボディソープ」を試す

こんにちは、まろです。 先日ちょうど体を洗う固形せっけんの在庫がなくなったので、 これを機会に、シャボン玉せっけんの「泡タイプボディソープ」を試してみることにしました。 (スキンケアのワセリンと共にA …

100均の【結露取りワイパー】で時間短縮

こんにちは、まろです。 ここのところ、毎日「結露祭り」です。 先日、結露のピンチをチャンスに変えるお話をしましたが、 (先日の記事 => 窓の【結露】も運気アップに変える) 寒くなるにつれて結露の水量 …

【水切りネット】が目からウロコ 今さら。。

こんにちは、まろです。 私はどちらかというと保守的な方で、従来の習慣をずっと続けていたり、使ったことのないものや、新しいものにはすぐに飛びつかないタイプなのですが、 今年、生まれて初めて買ってみて、手 …