ミニマル思考 愛用品

禅シンプルライフでもキラキラアクセサリーは必須

投稿日:2020年9月28日 更新日:

こんにちは、まろです。

今回はアクセサリーの話です。

禅(仏道)を追求すると、欲望や煩悩を手放して質素な身なりで日夜修行に励む、という生き方になっていくと思います。

実際、よく遊びに行く禅寺の尼僧さんは、もちろん頭は剃っており、服装も普段は作務衣(サムエ)という地味な色合いの綿の作業着で年中過ごされていますし(出家しているから当たり前ですが)、

また、出家していないけれどもこの娑婆の世界で禅道にはまっているお姉さまの友人は、「休日は24時間作務衣でいいわ〜」と言っており、会う時もほとんど作務衣姿で、白髪も染めず、化粧っ気もなく、尼僧さんに近い生活を送られています。 

私はというと、まだそこまで禅道を極められていないというのもありますが、私は今のところ禅道と娑婆の世界の両方のいいとこ取りをして幸せに暮らしたいと思っているので(欲張りです)、そこまで質素倹約を徹底した生活はできていません。

さて、アクセサリーの話ですが、

私は今これだけのアクセサリーを持っています。

ピアス6つ、指輪1つ、ブレスレット1つ


私は30才でピアスの穴を開けたのですが、ピアスを開けてから10年位は、色んな種類のピアスを買いまくり、ピーク時は50個くらい持っていました。

今思うと、当時の洋服に対する考え方と同じで、アクセサリーも日替わりで違うものを身に付けるものだと思い込んでいたし、洋服の種類に比例して、色合いとか雰囲気とかで種類を揃えてコーディネートしたいとも思っていたし、30代はまだ子供を持てる可能性が残されており、彼氏を作る可能性も捨てられていなかったため(笑)、「こんな風に見られたい」「素敵に見られたい」という煩悩が、洋服やピアスといったモノに投影されていたのだと思います。

しかし40代に入って、もう子供を持てる可能性がなくなると、彼氏なんて全く必要無くなりました。

また、自分の積み上げてきた能力や経験からありのままの自分で自信が持てるようになると、他人にどう見られるかなんてどうでもよく、「自分は自分」という自分軸で生きられるようになり、次第に煩悩を反映したモノたちを手放す方向にシフトしていきました。

アクセサリーも使っていなかったものや、似合わないものをどんどん手放して、今これだけに落ち着いたという感じです。

アクセサリーを全部手放さない二つの理由

なぜ、煩悩寄りのアクセサリーを全て手放さないのかというと、

一つは、単にこういったささやかなキラキラは自分の気分が上がって、モチベーションが上がるというのがあります。

ただし、これ見よがしアピールの大振りアクセサリーは趣味ではありません。

そしてもう一つは、「運気を上げるには、成功するには、艶(つや)を出せ」という教えを知ったからです。

「貧乏人の部屋はモノが多い」、逆に「金持ちの部屋はモノが少ない」という傾向と同じで、

「不運な人の顔はカサカサで艶がなく、土色のような地味なモノを身につけている」、逆に「運気の高い人や成功している人の顔には艶があり、明るいモノを身につけている」とのこと。

また、「土のような女性より、花のような女性の方が、他人から見ても心地が良い」という言葉を聞き、「確かに!」と思いました。

土を見るより、きれいな花を見たいですよね。

この娑婆の世界で運気を上げながら幸せに暮らしたいし、他人を不快にさせないのはもとより、どうせなら他人の目を喜ばせて心地よくさせるような余裕のある人間になりたいと思いました。

私が身なりで重要視するのは、なんと言っても「清潔」が一番で、オシャレかどうかなんてことはどうでもいいと思っています。ただ、自分に似合っていて調和してさえすれば。

基本的に着飾るオシャレには興味がないので、清潔なジーンズとシャツをベースとしつつ、

「花のような女性になる」という心がけについては、何よりもまずは笑顔、そして思いやりのある言葉、そして上機嫌になれるさりげないキラキラアクセサリーで演出していこうと思いました。

-ミニマル思考, 愛用品
-

執筆者:

関連記事

ウィルスは大先輩

こんにちは、まろです。 今回は、少し前にNHK Eテレ「こころの時代」で放送されていたウィルス学者さんへのインタビューのお話をご紹介します。 この学者さんのお話がとても興味深くて面白く、今世間でざわつ …

根本から断つ 【歯の健康を損なうリスク】予防歯科で

こんにちは、まろです。 根本から断つことで人生が変わったこと・モノをご紹介します。 少し根本から断つとはニュアンスが異なりますが、今回ご紹介するのは歯の定期メンテナンスです。 歯の定期メンテナンスによ …

シャボン玉せっけんの「泡タイプボディソープ」を試す

こんにちは、まろです。 先日ちょうど体を洗う固形せっけんの在庫がなくなったので、 これを機会に、シャボン玉せっけんの「泡タイプボディソープ」を試してみることにしました。 (スキンケアのワセリンと共にA …

【愛用品】一日の終わりに最高の幸せを運んでくれるモノ その2 

それは、ニトリの布団カバーです。 ―――――――――― ひもなしらくらく掛け布団カバー シングル(Nグリップホテル WH S) ホテルの掛け布団カバーのように上質な光沢となめらかな肌ざわり。綿サテンの …

「まだクローゼットは一杯なのに、これ以上減らす洋服が見つからない。。」と行き詰まっていた時に出会った人生が変わる判断基準 

私は以前、クローゼットから洋服があふれ、外に帆布製カバーのハンガーラックを追加で2本も設置している状態でした。 そこから、禅思考のシンプルライフに目覚め、ミニマリストを目標に洋服を徐々に減らし、外に設 …