ミニマル思考 食事のあれこれ

毎日の食事メニューに迷わなくなるたった一つのコツ

投稿日:2020年1月23日 更新日:

皆さん、日々の食事メニューを考えるのはホントつらいですよね?

そんな毎日の判断疲れから解放されるコツ、それはズバリ、一週間のメニューを固定し、それを毎週ローテーションするという方法です。

「今晩は何にしようかな。。」「そういえば冷蔵庫にあれが残っていたな。。」などと考えながらスーパーに行ったものの、売り出しの食材や旬の食材に目が留まって「やっぱこれを使ってあれにしようかな、これにしようかな。。」と行ったり来たり。

例えば、

月曜日 ご飯、お味噌汁、魚

火曜日 パスタ、サラダ

水曜日 ご飯、お味噌汁、肉

木曜日 麺類 うどん、そば、焼きそばなど

金曜日 カレー

週末は都度考える →食べたいもの、外食など

しかし、私はそれでも疲れるので、ほぼ毎日同じメニューに固定しています。(^-^)v

●朝食 山盛りサラダ、パン

だんだんサイズがエスカレートして、
今は26cmのお気に入り北欧プレート山盛りです。

●昼食 お弁当 ※具材固定(卵料理、さつまいも、ブロッコリー、ちくわ、チーズ)

●夕食 玄米入りご飯、具だくさんお味噌汁、納豆、じゃこ天、ブルーベリーヨーグルト

メニューは固定でも、具材は旬のものなどでアレンジすれば変化もあって良いでしょう。

私の場合は具だくさんお味噌汁の具材を適当に変えています。

始めに栄養バランスを考えた要素と組み合わせ(=メニュー)を考えておけば、あとはその要素で食材を選べばいいのです。

毎日メニューを変えないといけないなんて誰が決めたのでしょうか。

そう、そんな決まりはどこにもなく、毎日同じでもいいんです。

以前は私も毎日メニューを変えるのが何の疑いもなく当たり前だったのですが、「当たり前や常識を疑ってみる」これが、シンプルライフへの入り口なのです。

メニューを固定するという画期的な発見は私の人生を変え、圧倒的な時短が実現しました。

浮いた時間は人生においてより価値の高いことに回すことができます。

他にも、判断疲れから解放されるという大きなメリットもあります。ホント楽ですよ。おすすめです。

ただ、私は一人暮らしなのでそれが容易なのかもしれませんが、誰かと同居している場合は、同居人と話し合っておとしどころを探るですかね。

-ミニマル思考, 食事のあれこれ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

安い卵はもう買わない

こんにちは、まろです。 今回も、いかに自分が無知で愚かだったために、動物たちにも自分の身体の細胞たちにも良くないことをしていたかの気付きの共有でございます。 今年に入り、食品添加物の事実を知ったことに …

無印良品の【大豆ミート】を食してみた

こんにちは、まろです。 最近、大豆でできたお肉をよく目にするようになりました。 健康思考や環境問題からの流れで、海外発祥の商品が時間差で日本に普及してきているようです。 そして、無印良品でも取り扱いを …

根本から断つ 【歯の健康を損なうリスク】予防歯科で

こんにちは、まろです。 根本から断つことで人生が変わったこと・モノをご紹介します。 少し根本から断つとはニュアンスが異なりますが、今回ご紹介するのは歯の定期メンテナンスです。 歯の定期メンテナンスによ …

野菜サラダで美肌

こんにちは、まろです。 私は毎朝山盛りサラダを食べています。 1食の内容は、 レタスの葉2枚、サニーレタスの葉2枚、玉ねぎスライス1/4個分、ケールスプラウト一握り、トマト1個、手作りドレッシング(り …

白いパンから茶色いパンへの移行

こんにちは、まろです。 最近、健康に対する情報収集を積極的に行っているのですが、 各種研究結果を元に語られる本の中で共通的に語られているのが、 「精製された穀物(白米、小麦粉など)は必要な栄養素が取り …