手放す、掃除、片付け

昔は好んで取り入れていたが、今は部屋から一掃したモノ3選

投稿日:

こんにちは、まろです。

年齢と共に、趣味や嗜好、価値観が変わるのは当たり前のことで、インテリアの好みも30代の時から180度くらい変わりました。

そこで、30代の頃は一生懸命集めてインテリアに取り入れていたが、今は部屋から一掃されているモノ3選をご紹介しようと思います。

1.天然素材のかご・バスケット類

天然素材のかごやバスケットは、インテリアに良いニュアンスを与えてくれて素敵ですよね。

私も昔はそんな素敵なインテリアに憧れて、天然素材のかごを購入しては、あちこちに置いていました。

小物入れ色々、ゴミ箱、観葉植物の鉢カバー・・・などなど

しかし、徐々に「シンプル、清潔」に目覚め、「かごは網目にホコリが溜まって不潔」ということに気づき、部屋から一掃することになりました。

特に天然素材のかごは洗えないものが多いので、もう二度と買おうとは思いません。

今家にあるかごは、洗濯物を入れるプラスチックかご、キッチンのステンレスざる、お風呂のシャンプー類を入れるステンレスかごのみです。

いずれも洗える、かつ網目としての機能が必要なものなので、これらは良しとしています。

2.絵画・ポスター・壁掛けカレンダー

私の実家では、壁掛けカレンダーが家中、部屋中、トイレにまで貼られていました。

年末になるとあちこちからカレンダーを貰っていたようですが、捨てるという概念が両親にはなかったため、貰ったものを全て活用していたのです。

そんな中で育ったこともあり「部屋にはカレンダーがあるもの」というのが当たり前と思っていたので、一人暮らしを始めた頃も、自分でカレンダーを買っては部屋とトイレに貼っていました。

絵画やポスターは、30代の頃付き合っていた人に「この部屋には絵画を飾ると良くなる」と言われた一言を真に受けて(笑)、絵のポスターやハガキを額に入れて、部屋や玄関に飾ってみたりしていました。

しかし、これらも「シンプル」に目覚めてからというもの、「壁にベタベタと貼られた余計な情報・雑音」としか思えなくなり、部屋から一掃することとなりました。

今は、何もない白い壁がシンプル&クリーンで好きです。

3.インテリア目的のカバー類

インテリアに統一感をもたらすため、素材感を与えるため、生活感を隠すため、汚れを防止するため・・・など、目的に応じてさまざまなカバーがありますよね。

私も昔は、ティッシュカバー、観葉植物の鉢カバー、生活用具を隠すための布カバーなど、カバー類を活用していました。

しかし今は、そのカバーたちも「モノ」の一つであり、「モノの数だけ手入れの手間が増える・管理コストが増える・ホコリがたまる」ということに気づき、これらも部屋から一掃しました。

もちろん、布団カバーや座布団カバーなどは「汚れ防止・清潔を保つ」という必要機能として今も使用しています。

「見た目」のためのカバーはなくしたということです。

これらの変化を振り返ると、

価値観が「見た目」から「機能・清潔」にシフトしていることが見て取れます。

思い返すと、若い頃は「見た目」ばかり気にしていて、自分を生きていなかったと思います。

しかし今は、社会生活を送る上での必要最低限の見た目は気にしつつも、重要視するのは、機能性の高さと圧倒的な清潔感です。

年齢と共に色々変化が見えて面白いですね。

若い頃は見えなかったものが見えてくるのも面白いです。

若い頃に戻りたいかというと、失いたくない経験・知性・能力・価値観の方が多いので、それらがリセットされてしまうかと思うと、戻りたくないですね。

今の生活・自分が一番です。

そして、今日が一番若いのです。

そう思うと、何でもできる気がしてきます。

1日、1日、一生懸命、楽しく生きていきましょう。

-手放す、掃除、片付け

執筆者:

関連記事

連休中に長年の執着を一つ手放した

こんにちは、まろです。 この連休中、ずっと気になっていたモノを手放すことにしました。 それがこちら↓ これはケーキ作りの道具一式です。 元々お菓子作りはしてこなかったのですが、数年前に、当時閲覧してい …

「あって当たり前」のモノを手放してみる

こんにちは、まろです。 また、「あって当たり前」と思っていたモノを手放す機会に恵まれました。 それは、キッチンにある泡タイプの手洗いせっけんです。 ↓写真の左側が泡タイプの手洗いせっけん。右側は食器用 …

引き寄せの法則/「きれい」も「汚れ」も初めが肝心

こんにちは、まろです。 先日、2ヶ月に1回の歯のメンテナンスに行ってきました。 (歯の定期検診の話 → 根本から断つ 【歯の健康を損なうリスク】予防歯科で) 歯医者では、数年ぶりに口の中の写真を撮って …

掃除で心を整える

こんにちは、まろです。 4月から会社の上司が変わり、相手を見下すことで自己肯定感を得ようとするタイプの昭和のおじさんで、感情のコントロールもできず、すぐに声を荒げる人なので、ストレスフルな毎日を過ごし …

「まだクローゼットは一杯なのに、これ以上減らす洋服が見つからない。。」と行き詰まっていた時に出会った人生が変わる判断基準 

私は以前、クローゼットから洋服があふれ、外に帆布製カバーのハンガーラックを追加で2本も設置している状態でした。 そこから、禅思考のシンプルライフに目覚め、ミニマリストを目標に洋服を徐々に減らし、外に設 …