洋服を手放す

スリムストレートデニムがいつの間にかボーイフレンドデニムに

投稿日:2021年3月27日 更新日:

こんにちは、まろです。

季節の変わり目、年度の変わり目は、

  • 生活を見直したい欲
  • 滞っているモノ・コトを手放したい欲
  • 新しいことを始めたい欲

が抑えられず、

家の中をウロウロと物色して、また、いくつか手放すことにしました。

その一つが、無印良品のストレッチスリムストレートデニムです。

こちらは、通勤用ではなく、近所のスーパーやジムに行く時など、日常使いで履いているデニムです。

1年ほど前に自分の骨格が「ウェーブ」と判明してから買い換えたスリムストレートになるのですが、最近、ゆるくなってきて、買い換える前に履いていたウェーブには似合わないダボダボのボーイフレンドデニムのようになってきたのです。

ダボダボになってきた理由として考えられるのは、履いているうちに生地が伸びてきたというのと、食事を2食に変えてから少し痩せてきたというのがあります。

↓横から見るとこんな感じ。裏ももにかけてのダボつきが顕著。

骨格「ウェーブ」が、このようなボーイフレンドデニム系の洋服を着ると、下半身が重たくなり、野暮ったくなるのです。。。

「ウェーブ」は、元々重心が下にあるので、その下重心がさらに強調されてしまうのです。

ちなみに、ゆったりしたボーイフレンドデニムが似合うのは骨格「ナチュラル」になります。

骨格「ナチュラル」は、骨格のフレームがしっかりしているので、こういったダボっとした洋服を「こなれた感じ」で素敵に着こなせることができるのです。

私にとって、今のこのデニムは緩いから楽ではあるのですが、楽な方に流れると、洋服に身体が合わせてしまい、緩い緊張感のない体型に向かってしまうことと、何よりやはり似合わないというのが決め手で、手放すこととしました。

この無印のデニムは日常使いと言いましたが、実は通勤用に別のお気に入りのデニムが2本あるので、こちらを日常でも使うことにしました。

0 in 1 out でクローゼットスッキリが実現です。

↓通勤用のお気に入りデニムはこちら。RED CARDのモノです。

やはりフィット感のある方がスッキリと細く見えます。

とても履き心地が良いし、色合いも良い感じなので、色違いで2本持っていて着回しています。

この「RED CARD」の赤いタグが、私のお気に入り度をアップさせているポイントでもあります。

このRED CARDのデニムは、無印デニムと同様に骨格「ウェーブ」と判明してから1年前に買い換えたモノとなるのですが、こちらは今でもフィット感が落ちず、きれいに着られます。

RED CARDはお値段がはるのですが、日本製で品質が良いので、その差なのかなとも思いました。

今回の見直しからの改めての学びは、

  • 安物買いの銭失いにならないよう、また、持続可能な環境のためにも、賢い消費者にならないといけない
  • 似合うモノ、お気に入りのモノだけを持ち、それを日常使いすることで気分も上がるし、何より、モノにとっても頻繁に使ってもらえることが本望だ

ということでした。

「使っていないモノをため込むと運気が下がる」

という言葉を改めて思い起こしながら、家の中をウロつく毎日です。

みなさんも、新年度を前に、モノの総点検をしてみてはいかがでしょうか。

-洋服を手放す
-

執筆者:

関連記事

【パーソナルカラー】アナリストへの道① 洋服を手放す基準を学ぶ

こんにちは、まろです。 今年に入って、「骨格診断&パーソナルカラー診断」に関する記事を書きました。 骨格診断&パーソナルカラー診断との出会い骨格診断 資格取得への道のり①骨格診断 資格取得への道のり② …

【骨格診断】資格取得への道のり③ 理論が実感に変わるとき

早いもので3回目の講義が終わり、あと2回で卒業です。 3日目は、各骨格スタイルに合う装飾品や小物などを学びました。 自分の新しいスタイル「ウェーブ」ですが、日が経つにつれて「いいかも」と思えるようにな …

【パーソナルカラー】アナリストへの道②③ 洋服を手放す基準を学ぶ また手放せる服が見つかった!

こんにちは、まろです。 パーソナルカラーアナリストに向けたスクーリング、2回目と3回目を受けてきました。 この2回では、色彩やシーズンカラーの特徴などの講義に加え、実際にドレープを使って診断の実技を学 …

【パーソナルカラー】を知ることで、洋服を最大75%手放すことができる

こんにちは、まろです。 先週から「パーソナルカラーアナリスト」に向けたスクーリングが始まったと記載しましたが(→こちら)、パーソナルカラーのリアルな効果と、そこから得られるメリットを少し深掘りしてお伝 …

【パーソナルカラー】アナリストへの道④ 洋服を手放す基準を学ぶ 手放せる洋服がまだあった。。

こんにちは、まろです。 パーソナルカラーアナリストに向けたスクーリング、4回目を受けてきました。 今回は、男性向けの概念を学びました。 男性向けの今回の講義は、まずビジネスシーン(スーツ中心)における …