ミニマル思考 愛用品

スキンケアをシンプルにダウンサイジングした結果

投稿日:2020年8月17日 更新日:

こんにちは、まろです。

今回はスキンケアの話です。

スキンケア商品は色々ありますよね。

化粧水、導入化粧水、乳液、ジェル、クリーム、美容液、xxエキス、などなど

これらに掛け算で、「美白用」とか「エイジング用」といった用途別というのが売りだされているので、悩みに応じて倍々で揃えていってしまうのが女性心理というもの。。

特に、年齢を重ねれば重ねるほど、現実と昔の若かりし頃とのギャップに目がいってしまい、現実を受け入れられず、現実から目を背けるために、必死で「魔法の若返るアイテム」に飛びついてしまうのです。

こういう私も、まさしく30代後半〜40代前半にかけては、雑誌や口コミで取り上げられる「効く」という魔法のアイテムを色々買っては使っていました。

今となっては効いていたのかどうかは正直分からないのですが、デパ地下の有名ブランドカウンターで何万円もする小瓶の高い美容液をリピ買いしたり、美容皮膚科が通販している化粧水を取り寄せたり、毎日欠かさずパックをしたり、と。

平均すると1ヶ月で約5000円位はそれらに使っていたのではないでしょうか。

しかし、一年ほど前に本屋で手に取った、医者が語る皮膚構造からアプローチしたスキンケアに関する本を見て、さらに同時期に、スキンケア商品は無意味という科学論文を見て、今まで買っていたスキンケア商品を全てやめました。

今では代わりに、どちらでも必要と謳われていた「保湿」と「紫外線対策」だけに絞って実行しています。

具体的には、保湿にはワセリンを、紫外線対策には日焼け止め乳液と日傘などで対策をしています。

こちらが今使っているワセリン
調査のプロが、肌に良いワセリンとしておすすめしていた商品です


スキンケア商品を全てやめるに至る強い動機となった理論は、

「細胞はそもそも自身を守るために、外的侵入を許さないようにできているため、外から何かが浸透するとか、入るとかいうことは構造的にあり得ない」

ということです。

また、「細胞に栄養や水分が運ばれるルートは血液であり、食べたものから肌は作られる」

ということです。

ただし、肌の表面が乾燥していると外的ダメージを受け易くなるのと、紫外線は細胞内まで届いてダメージを与えるため、「保湿」と「紫外線対策」だけは必要とのことです。

なるほど!」と思いました。

確かに、細胞の外から何かが入るなんて普通に考えたらあり得ない。

そんな常識的なことに気づかずに、化粧品業界の巧みな広告に踊らされて、色々購入してした過去の自分の無知さ加減が恥ずかしいです。

では、なぜ世の中には、こうも化粧品が溢れているかというと、それは「売れる」からです。「儲かる」からです。

効果があろうとなかろうと、売れるものは売る。それが商売というものなのです。

ちなみに、ワセリンだけのスキンケアですが、何の問題もないです。

手入れも楽で、無駄な出費もなくなり、洗面所もスッキリし、メリットしかありません。

あとは、バランスの良い食事、睡眠、適度な運動 ですね。

行き着くところは、全てこれです。

結局、細胞に働きかける本質的な部分へのケアしか方法はないのです。

何事も、本質は至ってシンプルです。

-ミニマル思考, 愛用品
-, , ,

執筆者:

関連記事

あえての大掃除はしない 一年を通した【中掃除】の積み重ね・繰り返しで年を刻む

こんにちは、まろです。 11月に入り、街では早くもクリスマスツリーを目にすることもあり、年末ムードになってきました。 年末の一大イベントといえば「大掃除」が挙げられると思いますが、 そういえば、私はこ …

細胞たちの存在をリアルに実感した出来事

こんにちは、まろです。 日頃私は「37億個の細胞たちに生かされている」という概念で生きているのですが、とはいえ日常生活において、その細胞たちをリアルに実感するのはなかなか難しく、つい「私」という大きな …

カレーの鍋をストレスなく洗えるようにしていること

こんにちは、まろです。 食欲の秋なのか、数年ぶりにカレーを作りたくなり、1週間前に作りました。 この数年間は、カレーを食べたくなったら無印良品のレトルトカレー「小さめ 辛くない国産りんごと野菜のカレー …

【愛用品】一日の終わりに最高の幸せを運んでくれるモノ その1

こんにちは、まろです。 一日の終わりに最高の幸せを運んでくれるモノ それは、寒い季節に欠かせない布団乾燥機です。 みなさんの冬の寝具事情はどんな感じでしょうか? 羽毛布団、ボアシーツ、毛布、電気毛布、 …

そういえば、買っていないもの

こんにちは、まろです。 ふと、「そういえば、最近買っていないな」と気づいたものがありました。 それは「雑誌」です。 自覚の上やめたものは、買っていないものとしてすぐに思い浮かぶのですが、自覚なく気づい …