ミニマル思考 愛用品

スキンケアをシンプルにダウンサイジングした結果

投稿日:2020年8月17日 更新日:

こんにちは、まろです。

今回はスキンケアの話です。

スキンケア商品は色々ありますよね。

化粧水、導入化粧水、乳液、ジェル、クリーム、美容液、xxエキス、などなど

これらに掛け算で、「美白用」とか「エイジング用」といった用途別というのが売りだされているので、悩みに応じて倍々で揃えていってしまうのが女性心理というもの。。

特に、年齢を重ねれば重ねるほど、現実と昔の若かりし頃とのギャップに目がいってしまい、現実を受け入れられず、現実から目を背けるために、必死で「魔法の若返るアイテム」に飛びついてしまうのです。

こういう私も、まさしく30代後半〜40代前半にかけては、雑誌や口コミで取り上げられる「効く」という魔法のアイテムを色々買っては使っていました。

今となっては効いていたのかどうかは正直分からないのですが、デパ地下の有名ブランドカウンターで何万円もする小瓶の高い美容液をリピ買いしたり、美容皮膚科が通販している化粧水を取り寄せたり、毎日欠かさずパックをしたり、と。

平均すると1ヶ月で約5000円位はそれらに使っていたのではないでしょうか。

しかし、一年ほど前に本屋で手に取った、医者が語る皮膚構造からアプローチしたスキンケアに関する本を見て、さらに同時期に、スキンケア商品は無意味という科学論文を見て、今まで買っていたスキンケア商品を全てやめました。

今では代わりに、どちらでも必要と謳われていた「保湿」と「紫外線対策」だけに絞って実行しています。

具体的には、保湿にはワセリンを、紫外線対策には日焼け止め乳液と日傘などで対策をしています。

こちらが今使っているワセリン
調査のプロが、肌に良いワセリンとしておすすめしていた商品です


スキンケア商品を全てやめるに至る強い動機となった理論は、

「細胞はそもそも自身を守るために、外的侵入を許さないようにできているため、外から何かが浸透するとか、入るとかいうことは構造的にあり得ない」

ということです。

また、「細胞に栄養や水分が運ばれるルートは血液であり、食べたものから肌は作られる」

ということです。

ただし、肌の表面が乾燥していると外的ダメージを受け易くなるのと、紫外線は細胞内まで届いてダメージを与えるため、「保湿」と「紫外線対策」だけは必要とのことです。

なるほど!」と思いました。

確かに、細胞の外から何かが入るなんて普通に考えたらあり得ない。

そんな常識的なことに気づかずに、化粧品業界の巧みな広告に踊らされて、色々購入してした過去の自分の無知さ加減が恥ずかしいです。

では、なぜ世の中には、こうも化粧品が溢れているかというと、それは「売れる」からです。「儲かる」からです。

効果があろうとなかろうと、売れるものは売る。それが商売というものなのです。

ちなみに、ワセリンだけのスキンケアですが、何の問題もないです。

手入れも楽で、無駄な出費もなくなり、洗面所もスッキリし、メリットしかありません。

あとは、バランスの良い食事、睡眠、適度な運動 ですね。

行き着くところは、全てこれです。

結局、細胞に働きかける本質的な部分へのケアしか方法はないのです。

何事も、本質は至ってシンプルです。

-ミニマル思考, 愛用品
-, , ,

執筆者:

関連記事

天井照明を【裸電球】にダウンサイジングした結果

こんにちは、まろです。 以前私は、リビングの天井照明の非合理的なガラクタ感に気づいてしまい、シンプルなものに交換しました。  →その時の記事がこちら 不要なものに一度気付いてしまうと、それに連鎖して今 …

山を歩いていて気づいた幸せの法則

こんにちは、まろです。 また変な話をします。(笑) 信じない人は信じなくてよいです。 夏休みをもらい、大自然の中で山歩きをしてきました。 コロナ自粛で運動不足だった身体。 息が上がって心臓がバクバクと …

シャボン玉せっけんの「泡タイプボディソープ」を試す

こんにちは、まろです。 先日ちょうど体を洗う固形せっけんの在庫がなくなったので、 これを機会に、シャボン玉せっけんの「泡タイプボディソープ」を試してみることにしました。 (スキンケアのワセリンと共にA …

20年契約してきた「医療保険」を最近解約した理由

こんにちは、まろです。 先日、私は20年来契約していたとある保険会社の「がん保険」と「医療保険」を、居てもたっても居られず、潔く解約しました。 私はあまりにも無知でした。何も知らない庶民のサラリーマン …

億劫な片付け・掃除を「やりたい」と思えるようになる思考の転換 其の一

こんにちは、まろです。 皆さんが片付け・掃除を始めるきっかけとして、  「散らかってきた」「汚れてきた」「くすんできた」・・・ というのを目にした時が多いのではないでしょうか。 そういうのを目にした時 …