キッチンのあれこれ 手放す、掃除、片付け

ごみ箱は持たない

投稿日:2021年2月8日 更新日:

こんにちは、まろです。

私の家にはごみ箱がありません。

以前はリビングにだけあったのですが、床に置くモノを極力減らしたかったのと、ごみ箱って存在自体がなんか不潔感があるので、要らないと思って処分しました。

では、ごみはどうしているかというと、

ごみ袋に直接捨てています。

まず、燃えるごみについては、何段階かあるのですが、

  1. 生ゴミは、毎朝小さなビニール袋を用意し、1日分の生ゴミを入れ、夜そのビニール袋の口を縛って、シンク前にぶら下げている中位のレジ袋に捨てる
  2. シンク前にぶら下げている中位のレジ袋は、2〜3日分たまったらその口を縛って、市指定の大きいごみ袋に捨てる(台所の床に直置きです)
  3. 市指定の大きいごみ袋は、週に1回捨てる

という感じです。

空き缶や空き瓶などの資源ごみは、それぞれのレジ袋を用意し、レジ袋のまま台所ラックの下段に置いています。

一般家庭では、お役所指定のごみ袋を、「ごみ箱」にセットしているところが多いのではないでしょうか。

「見栄え」や「匂い」を気にしてのことと思います。

私の場合、

まず「見栄え」は気にしません。

来客もないし、もし来客があったとしても、台所にお客様は入らないし、例えごみ袋が見えたとしても、「生活しているのだから当たり前」なので気にしないです。

それより何より「見栄え」なんかより、「ごみ箱を洗う手間」「ごみ箱をきれいに保つ手間」の方が私の心を重たくします。

そして「匂い」については、燃えるごみの場合、先述の通りマトリョーシカのように何重にもなるので、匂いも問題ありません。

資源ごみも中を洗ってからレジ袋に入れているので、こちらも匂いは問題ありません。

〜〜〜〜〜

過去に遡ると、実は、実家にはあらゆる部屋という部屋や、洗面所、トイレにもごみ箱がありました。

部屋数が今の部屋とは違うというのと、同居人数の差がありますが、大小合わせると台所のごみ分別も含めて8個位あったのではと思います。

そして、ごみ収集の日には、各部屋のごみ箱をハシゴしてごみを集めるというのが日常だったと思います。

そして、実家ではごみ箱を洗っているのを見たことがありませんでした。

ごみ箱にビニール袋をかけていたので、それほど汚れてはいなかったと思うのですが、それでも何らかのごみが付着している可能性は大で、不衛生だったと思います。

ごみ箱をみなさんはどれくらいの頻度で洗っているのでしょうかね?

あんな大きなモノ、お風呂か外でしか洗えないと思うのですが。

ごみを入れるからこそ清潔を保たないと不衛生になるのですが、その清潔を保つ労力が半端ないので、私はトレードオフで「ごみ箱を持たない」ことにしたのです。

「モノが増えると管理の手間も増える」というのを象徴しているのがごみ箱ではないでしょうか。

リビングにごみ箱があったのは、「実家にあったから」という家庭環境の名残りに他なりませんが、処分してみて何の問題もないです。

むしろ、リビングでごみが出るたびに立ち上がって台所まで捨てに行くので、座りっぱなしが解消されて、健康のために良いです。

座りっぱなしは死亡リスクを上げるという研究結果が出てますからね。

運動の機会が増えて、床のモノも減って、一石二鳥です。

「あって当たり前」を疑ってみる。

シンプルで機能的な暮らしには、そういう目線が必要かもしれません。

もちろん、何に価値をおくかは人それぞれなので、一つの選択肢として参考となれば幸いです。

-キッチンのあれこれ, 手放す、掃除、片付け

執筆者:

関連記事

【パーソナルカラー】アナリストへの道④ 洋服を手放す基準を学ぶ 手放せる洋服がまだあった。。

こんにちは、まろです。 パーソナルカラーアナリストに向けたスクーリング、4回目を受けてきました。 今回は、男性向けの概念を学びました。 男性向けの今回の講義は、まずビジネスシーン(スーツ中心)における …

洋服を手放して、身軽になろう

みなさんのクローゼットは洋服があふれていませんか? 一度、どんな洋服を持っているか思い浮かべてみてください。 なぜみなさんはその洋服を手に入れたのでしょうか? 私の10年前のクローゼットはこんな理由の …

億劫な片付け・掃除を「やりたい」と思えるようになる思考の転換 其の二

こんにちは、まろです。 片付けや掃除って、以前は私も億劫で、見て見ぬ振りというか、見ては「もう少し溜まってから掃除しよう。。」という感じで、ある程度汚れが溜まってから一気に掃除する派でした。いわゆる「 …

「まだクローゼットは一杯なのに、これ以上減らす洋服が見つからない。。」と行き詰まっていた時に出会った人生が変わる判断基準 

私は以前、クローゼットから洋服があふれ、外に帆布製カバーのハンガーラックを追加で2本も設置している状態でした。 そこから、禅思考のシンプルライフに目覚め、ミニマリストを目標に洋服を徐々に減らし、外に設 …

収納ケースも「モノ」だった

こんにちは、まろです。 全国的にしばらく雨が続いていますね。 天気のせいなのか、嫌な部長に毎日ストレスを感じているからなのか(苦笑)、なんだかスッキリせず、「内面が整わないなら環境から運気を上げていこ …