食事のあれこれ

砂糖の中毒性って本当?

投稿日:

こんにちは、まろです。

「本当です」

以前から「砂糖は中毒性がある」と数々の書籍や論文で語られていたのは知っていました。

以前の私は、それこそ40年以上、正にガッツリと砂糖に依存していました。

幼少の頃から毎日のように甘いおやつを食べ、成人になり実家を離れてからも、食後のデザートは欠かせませんでした。

街に出かけると、必ずスイーツのショーケースに目がいき、何かしら戦利品のようにスイーツを買って帰るのが常でした。

毎日甘いものを食べるのが習慣化していて、甘いものを目の前にすると目がハートになり、脳が興奮していたと思います。

それが今は、街を歩いていてスイーツのショーケース前を通りかかっても、駅の構内に期間限定で出店している有名なスイーツ販売の前を通りかかっても、パン屋で美味しそうな菓子パンの数々を目にしても、心動かされることがなくなりました。

自分でも大変驚いています。あんなに好きだったのに。

糖質は身体に良くないから控えようと思ったのはほんの1年ほど前。

その頃は、甘いものが食べたいのをいかに我慢するかを工夫していて、例えば、スイーツコーナーには近づかないとか、甘いものが食べたくなったらヨーグルトや果物で代替するといった、自分で意識して抑える形をとっていました。

誘惑に負けて、買ってしまうこともありました。

しかし、今は完全に興味が沸かなくなっています。

見てもなんとも思わない。

全く興味のない、例えばゴルフショップの前を通り過ぎるかのようにスルーしています。

台所にあった砂糖とメープルシロップも処分しました。

今は、スイーツの甘さを想像しても、甘すぎて食べられないなと思います。

おかげで、無駄な出費が無くなったし、痩せる気はなかったのですが痩せてきたし、何より身体が健康になっていると思います。

糖質摂取による血糖値スパイクは本当に身体に負担をかけるので。

「甘いものは身体に良くない」と分かっていても、どうしてもやめられないという人は多いと思います。

そのような人へのアドバイスとしては、

  1. いかに糖質が身体に悪いかの知識を追加する(理性からの抑制を強化する)
  2. スイーツコーナーには絶対に近寄らない(意思力に頼らず環境から変える)
  3. スイーツを代替食品(ヨーグルト、果物)に切り替える

ということをやってみてください。

砂糖への依存を断ち切るのには一定の我慢が必要ですが、依存から抜け出せると、とても自由になれます。お金も時間も精神状態も。

-食事のあれこれ

執筆者:

関連記事

カレーの鍋をストレスなく洗えるようにしていること

こんにちは、まろです。 食欲の秋なのか、数年ぶりにカレーを作りたくなり、1週間前に作りました。 この数年間は、カレーを食べたくなったら無印良品のレトルトカレー「小さめ 辛くない国産りんごと野菜のカレー …

白いパンから茶色いパンへの移行

こんにちは、まろです。 最近、健康に対する情報収集を積極的に行っているのですが、 各種研究結果を元に語られる本の中で共通的に語られているのが、 「精製された穀物(白米、小麦粉など)は必要な栄養素が取り …

毎日の定食に新規1品を追加

こんにちは、まろです。 私は1日2食の生活をしており、毎日メニューは固定で「定食化」しているのですが、この度、2食目のメニューに1品おかずを追加しました。 何を追加したかというと、それは「キムチ」です …

安い卵はもう買わない

こんにちは、まろです。 今回も、いかに自分が無知で愚かだったために、動物たちにも自分の身体の細胞たちにも良くないことをしていたかの気付きの共有でございます。 今年に入り、食品添加物の事実を知ったことに …

最近の週末ルーティーン

こんにちは、まろです。 5月に入り、一気に暖かくなりました。 私は、長袖シャツ1枚で過ごせる季節が一番好きです。 今は正にそんな快適な季節です。 朝一番にベランダの戸を開けっぱなしにして、短いこの快適 …