キッチンのあれこれ 手放す、掃除、片付け

「あって当たり前」のモノを手放してみる

投稿日:

こんにちは、まろです。

また、「あって当たり前」と思っていたモノを手放す機会に恵まれました。

それは、キッチンにある泡タイプの手洗いせっけんです。

↓写真の左側が泡タイプの手洗いせっけん。右側は食器用洗剤です。

両方とも無印の容器に詰め替えています。

シンク脇に置くと掃除がし難いので、シンク前のカウンターに無印のホーロー容器に入れています。

ちょうど中身がなくなりかけてきたようで、何度かシュパシュパすると1回分の分量が出てくるような、若干ストレスな日々を何日か過ごし、

「中身が見えたらすぐに詰め替えるのにな〜。。容器を透明タイプに買い換えようかな〜」と初めは思っていました。

しかし、少し立ち止まって、

「それにお金をかけるだけの価値が本当にあるだろうか?」

「洗面所にも手洗いせっけんがあるから、キッチンになくてもいけるかな」

と少し考え、しばらく様子をみることにしました。

そして、2週間ほど過ごして問題なさそうだったので手放すことにしたのです。

それに合わせて、食器用洗剤を置くための珪藻土コースターを百均で購入し、シンプルにダウンサイジングできました。

スッキリ〜!!!

美しい〜!!!

ホーロー容器を洗う手間もなくなり、大満足です。

ただの自己満足ですが、身軽になっていく開放感がうれしい。

日常的に使っているモノが無くなったり、壊れたりしたタイミングで、「これがなくても過ごせるか?」と一度考えてみると、もしかしたら手放せるモノだったりするかもしれません。

もし手放して後悔したとしても、もう一度買い直すのにそれほどお金のかからないモノであれば、心地よい空間のために、一度手放してみるのもアリではないかと思います。

余白、空間こそが最高に贅沢で、そういった心地よい環境が自分へのいたわりだと思います。

モノを大切にするか、自分を大切にするか。

その薄汚れたモノは、本当に自分を幸せにしてくれるだろうか。

そんな判断基準で日々モノと向き合っています。

-キッチンのあれこれ, 手放す、掃除、片付け
-

執筆者:

関連記事

あえての大掃除はしない 一年を通した【中掃除】の積み重ね・繰り返しで年を刻む

こんにちは、まろです。 11月に入り、街では早くもクリスマスツリーを目にすることもあり、年末ムードになってきました。 年末の一大イベントといえば「大掃除」が挙げられると思いますが、 そういえば、私はこ …

【パーソナルカラー】アナリストへの道②③ 洋服を手放す基準を学ぶ また手放せる服が見つかった!

こんにちは、まろです。 パーソナルカラーアナリストに向けたスクーリング、2回目と3回目を受けてきました。 この2回では、色彩やシーズンカラーの特徴などの講義に加え、実際にドレープを使って診断の実技を学 …

骨格「ウェーブ」に似合う素敵なシャツを購入したけど。。すぐに手放すことにした理由

こんにちは、まろです。 骨格診断で「ウェーブ」と判明してから、せっせとクローゼットを総入れ替えしています。 ようやく買い換えが落ち着き、新しく買い替え洋服を新鮮な気持ちで着始めています。 ウェーブは上 …

運気アップのためプチ改善

こんにちは、まろです。 ここのところ、運気アップに良いと言われることは積極的に取り入れるようにしています。 最近仕入れた運気アップ情報として、「自分の家を居心地よくして愛情を持って接し、家を好きになる …

収納グッズを買うより、収納するモノ自体を手放す

こんにちは、まろです。 持ち物が厳選されて少なくなってくると、収納グッズも不要になってきます。 モノの多かった以前は、「いかに工夫して整理するか、いかに空間を有効活用して収納するか」にフォーカスし、き …